あなたがセラミドを選ぶべきたった1つの理由:GOニュース55

2017年08月28日

あなたがセラミドを選ぶべきたった1つの理由

セラミドの人気の通販店舗の提供、売れ筋ランキング情報もあります


一日一回のランキング投票にご協力ください。
↓クリックで投票完了↓




前回の記事↓






化粧水も

美容液も

乳液も

パックも

ピーリングも、



ぜんぶ、無駄です!


化粧品は買えば買うだけお金の無駄です!

何千円何万円の美容液をつかったところで、きれいになんかなれません!

むしろ化粧品を使わないといけない肌はおかしいのです!



、、、というおはなしをしましたね。




そして、「究極のスキンケア」とは「洗顔」が全て・・・、


というおはなしも済ませました、



なぜ洗顔なのか?

イマイチまだ漠然としすぎていてよくわからないという人もいるかもしれませんね。


なぜ洗顔が究極のスキンケアの鍵を握るのかおさらいしておきましょう。






◎間違った洗顔が肌のシステムバランスを狂わせている


私たちの肌は本来、

「天然保湿因子(NMF)」「皮脂」

という天然の保湿剤と乳液によって守られています。


これが正常に分泌される肌は美しく整い、

外界からの刺激に簡単に負けません。


つまり健常な肌を保つにはこれらの天然の保湿剤と乳液を

適度に残留させる洗顔が非常に重要になります。



しかし現在一般に横行している肌用洗浄剤は、

「セッケン」「硫酸塩型アニオン界面活性剤」


がその大部分のシェアを占めています。


これらの洗剤は

・脂を取り去る能力=脱脂力

・タンパク質を傷つける性質=タンパク変性作用

が著しく強く、

油分として肌を覆う皮脂膜を過剰に剥ぎ取り、

NMFを生成するタンパク質を変質させ生成を阻害する
リスクがあります。


もちろん短期スパンで使用したところでその影響は知れていますが、

何年、何十年とその洗剤で肌を洗浄し続けることで

お肌の正常なシステムは徐々に狂っていき、

最終的には保湿不全(乾燥肌)や、

皮脂分泌過多(脂性肌)の原因となっていきます。



保湿がうまくできない肌は外界のストレスに負けやすく、

一次刺激性接触皮膚炎や脂漏性皮膚炎などを起こしやすくなります。
(アトピー性皮膚炎患者もNMFが著しく少ないことが知られています)


皮脂分泌過多の肌は常在菌にとって好喜条件となるため、

常在菌が活発化して過剰増殖し、ニキビやとびひ、痒みなどの原因となります。

また毛穴の黒ずみや異臭などの直接的な原因もこの皮脂分泌過多です。



つまり

現在肌のトラブルを抱えている人の多くの根源的な原因は、

洗顔料など肌用洗剤の洗浄作用によって、

肌の健常なシステムが狂わされていること
なのです。




◎肌のシステムを正常化するために・・・


結局のところ、

肌のトラブルは肌のシステムエラーが原因です。


じゃあそれを正常化さえすれば、肌のトラブルは治まるはずですよね。

そしてそのシステムエラーの根源が、「間違った洗顔」なのです。





だから洗顔を変える必要があります。


洗顔料を正しく選べれば、天然の保湿剤と乳液を適度に残し、

肌のシステムを徐々に正しく矯正していくことができます。


今まで取りすぎていたから過剰に分泌されていた皮脂も正常な分泌量となり、

正常な肌からは正常なNMFが生成されます。





長い時間をかけて狂わされたシステムを矯正するのには、

当然一日二日では効果は出ません。

しかし数ヶ月も正しい洗浄力の洗剤での洗顔を続ければ、

必ず肌質は改善します。



そのための実際の方法をこれからお教えしましょう。




◎最高の洗顔料とは


まず洗顔料を変えましょうか。


そこで、何を選ぶか・・・という話なのですが。


「無添加石鹸が肌に優しい」

とかいうはもはや聞き飽きました。



セッケンは肌に優しくなんてありません!


界面活性剤の研究やってる僕が言うんだから間違いないです。

アルカリ性のセッケンが肌に優しいわけがありません。

臨界ミセル濃度(界面活性剤として働く濃度)も軒並み高く、

高濃度配合が一般的です。

そんなに高濃度の界面活性剤溶液がまさか肌に優しいなんてもはやバカバカしいですよ。


もちろん、

「硫酸塩型アニオン界面活性剤」

つまりラウリル硫酸Naラウレス硫酸Naなどの

高刺激洗剤はもっといけません。


セッケンは皮膚刺激は強いですが不安定なので

皮膚に残留してもすぐ界面活性剤としての効果を失います。


しかしこれらの合成洗剤は皮膚残留してからも刺激を与え続けるので

まぁ一般的に言われる肌荒れの直接原因はこの洗剤だったりします。
(その為石鹸の方がまだマシなので、石鹸を使うとちょっと改善することがあります)



で、アミノ酸系界面活性剤両性界面活性剤・・・

低洗浄力で低刺激ですから良さそうですが、

これらは不必要な脂すら落とせません。

この洗剤で顔なんか洗ったらヌルヌルで不快感がすごいですよ。

洗浄力が低すぎてお話にならないわけです。

取りすぎるのも問題ですが、残しすぎても当然問題ですよね。


※まぁ人によってはこのあたりでも大丈夫なのですが(ちなみにかずのすけも最近はアミノ酸系です)・・・この話はまた後ほど。




非イオン界面活性剤なんかは刺激は少ないですが、

脂を過剰に取りすぎますし

そもそも泡立ちにくいのでこれがベースの洗顔料はほとんどありません。



で、結局何が一番いいのか・・・

と言われるとやはり

ラウレス−5カルボン酸Naなんかの「酸性石鹸」でしょうね。


人間のカラダを洗う上で最も適した洗剤というのはこれなんです。


低刺激・弱酸性・十分な洗浄力・高分解性

どの点を取っても抜かり無しですよ。
(泡立ちは微妙ですが)



というわけで僕はそんな洗顔料を探しました。

理論的に最も洗浄力バランスが良い最高の洗顔料はないものか・・・と。



そして見つけました。

かずのすけがオススメする洗顔料は、です。


「ボディソープ」じゃねーか!!

・・・と思うかもしれませんが、

洗浄剤にボディもフェイスもありませんよ。

ただの界面活性剤と水といくらかのアルコールと安定剤の混ぜ物です。



体も顔も、理想の洗浄力は同じです。

だって一枚の皮膚ですよね。



あとかずのすけのオリジナルで作ったも大変オススメです!


こちらはよりアレルギーの原因になりうる成分などをカットしたオリジナルソープです。

オフスキンケア用に作ったオフスキンケア用フェイス・ボディ兼用ソープですね(*^^)v

最初はインデュースタイプからのご利用をオススメします!



◎究極のスキンケア


洗顔するときちゃんとで洗ってますか?

¥432
Amazon.co.jp

泡立てネット、使ってください!



専用ソープを泡立てネットでしっかり泡立てて、

泡で包むように洗顔します。


ついでにカラダも洗っていいですよ(^-^)


そして流します。


お風呂上がりに冷水で引き締めます。

(石鹸みたいに収れんしません)


はい。

終了です。



究極のスキンケア、終了!





本当にこれだけなんです・・・。


前置きが長かったのは言うことがこれしかなかったからです(爆)



あとはお好みで保湿剤を使ってください。

角質の保湿はやって損はありませんからね。

特に肌の調子が整うまでは必要でしょう。


保湿剤はかずのすけはや、などをオススメしています。

(自分に合うものが別にあるならそれを使ってください)


あと

セラミドの補給がしたい!

年齢肌のお手入れもしたい!

という場合には


かずのすけオリジナルのセラキュアもオススメですm(_ _)m
(画像クリックで販売ページへ飛べます)



ある程度の肌改善であればフォーレリアだけで十分ですが、

更に上に…という場合にはセラキュアの併用もオススメしてます。

上級者になるとなんとセラキュアのみの人も多数。
(もちろん僕も今ではセラキュアのみです。)






これを半年〜1年も続ければ


ニキビ肌だろうが角栓苺鼻だろうが


乾燥肌だろうが脂性肌だろうが


どんな肌トラブルも改善の一途を辿ります。




その際、変な化粧品はもう使わないでください。

あ、もちろんお化粧してたときはクレンジングをちゃんとしてください。



オススメのクレンジングは、 

かずのすけがオフスキンケア専用にプロデュースしたが一番ですが…、

(↑画像クリックで商品説明ページへ)


などの油脂系クレンジングであれば

大抵の場合代用ができます。









というわけで…、



乳液も美容液もパックもピーリングも必要ありません。

洗剤だけ変えるならお値段わずか4000円弱(数ヶ月分)。





しかしすぐに効果は出ません。

(むしろ最初は洗浄格差で悪化するかもしれません)


20代とか若い人なら三ヶ月もやれば肌質はほとんど改善します。

(もちろんスタートラインによりますよ)



さて嘘かホントか・・・


気になる方はぜひ試してみてくださいm(_ _)m







以下では「オフ・スキンケア」体験者の方からのアンケート結果をまとめています。

良ければ参考にご覧ください。










プロデュース化粧品第3弾 『Ceraveil Platinum Creansing Oil』 発売!!
(オンラインストアURL:





かずのすけの新著 2/20日発売!!

   




かずのすけの独占インタビューが連載中!




かずのすけ監修のスキンケア講座、動画で配信スタート!



かずのすけのギャザリーまとめ記事はコチラ↓




かずのすけが四つ星&五つ星評価したアイテムをまとめています!
詳しい利用法について→



かずのすけが実際に使用しているオススメアイテムをまとめています!
定価で購入するより断然お安く買えるショップを選んでいるのでとってもお買得ですよ。
ぜひご利用ください!






かずのすけ公式Facebookページのいいね!もお待ちしてます!



※アメンバー限定です。



コメントや古すぎてAmeba検索でHITしないものも検索できます!


(バナー用画像↓ 加工OK!)


セラミドで賢くお買物


⭐︎赤ちゃんはもちろん、大人にもオススメしない日焼け止め⭐︎
赤ちゃん用日焼け止めを質問下さった方がいてて、

普段からドラックストアなどで、ベビー用日焼け止めは、
これはダメでしょ。。
っていう日焼け止めが多かったのですが、

調べてると、絶対買う人多いだろなと思うので、

赤ちゃん用だから、肌が弱い私にも使えるわよねっ。と使ってた方がいたら、今1度、日焼け止めを見直して見てほしいなと思います(^_^)


アレルギーと、乾燥に注意!

⭐︎赤ちゃんの日焼け止め検索で、よくひっかかるアロベビー⭐︎

アロベビーという、虫除けと、日焼け止め効果のある、日焼け止めスプレー!

水の次は保湿成分のBG、その次に酸化チタンですが、

乾燥肌の方にはこの時点で、あまりオススメではありません。

含水シリカは、酸化チタンの表面処理で、

虫除け効果の成分に注目!

レモングラス

アロマの精油を美容液として使ったり、朝のスキンケアとして使ったりしている人も多いでしょう。

しかし、中には光毒性に注意する種類のものがあります。夜は大丈夫ですが、


柑橘系などある特定の精油をつけた状態で紫外線に当たると、強い日焼けを起こすものです。

紫外線による日焼けのダメージと同様、

しみ、やけど、発疹 などの症状が出ます。

紫外線より怖い光毒性。これが入ってると、使いたくないですよね。。


精油の中で、朝つけて紫外線を浴びると光毒性があるのは

ベルガモット、アンジェリカルート、レモン系、グレープフルーツといわれています。

ちなみにこちらの日焼け止めクリームも微妙でした。水の次に酸化亜鉛は、きしみます。

あと、ラベンダーは小さいお子様や、かなり敏感肌の方はアレルギーの心配があります。

エステル油や、油脂も入っていて、最初は乾燥しないけど、なぜか夕方カサカサ。。という感じではないかと思います(^^)



  • アロベビー クリーム  
  • 水、酸化亜鉛、ラベンダー花水*、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジイソステアリン酸プロパンジオール、テトラデカン、プロパンジオール、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-10、オリーブ油*、カプリル酸グリセリル、グリセリン、シア脂*、セテアリルアルコール、シリカ、ホホバエステル、キサンタンガム、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、オリーブ葉エキス、ダマスクバラエキス*、ラベンダー油*、BG、ヒアルロン酸Na、キイチゴ果汁*、カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、キイチゴエキス*(*印はオーガニック栽培原料)

もちろん、精油系を夜つけて朝落とすのは大丈夫ですよ(^_^)

ミュオのクレンジングオイルは大丈夫ですが、心配なら、無香料のカウブランドオイルメイク落としを使ってくださいっ。

687円
楽天

話を戻します(^_^)

ローズマリー葉エキスは、強い抗菌・殺菌効果を持つ成分です。そのため、植物性滅菌剤や防腐剤としても高い効果があります。

また、消炎効果や収れん効果にも優れているので、大人のニキビなどの肌トラブルを防いだり、お肌にハリを与えてくれるのでアンチエイジングにも効果的です。

しかし、アレルギーの恐れもあります。

やはり、オススメはできません。

アロベビーUV虫除けミスト

全成分: 水、BG、酸化チタン、含水シリカ、ミリスチン酸ポリグリセリルー10、レモングラス油、ローズマリー葉油

⭐︎キスミーマミーUV⭐︎

マミーUVマイルドジェル 100g 


大切な肌に使うものだから90%食品成分使用。 

デリケートな肌にもお使いいただける、無添加、低刺激性、弱酸性。 

せっけんで簡単に落とせる。 


ね、欲しくなったでしょ(^_^)

でもこれアリーとほとんど成分変わらないんじゃ。。

アルコールフリーなだけマシですが(^^)💦

肌に直接ふれると、刺激や乾燥の原因となる紫外線吸収剤がPGだけでは保護膜として弱い!


しかも食品成分90%ってなにが?おにぎ


仮に食品を顔に塗ってしまったら、食物アレルギーを発症してしまうリスクが高まります!


紫外線吸収剤が2種類入っていて、油性成分も入ってますが、あまり大人にも、子どもにも、ましてや赤ちゃんにもオススメできません。

原材料・成分

水,PG,メトキシケイヒ酸エチルヘキシル,マカデミアナッツ油,ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル,アロエベラ葉エキス,リンゴエキス,キイチゴエキス,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,水酸化K,EDTA-2Na,BHT,BG


⭐︎ママはぐUVミルク⭐︎

こちらは、水の次にメトキシケイヒ酸エチルヘキシルがあり、紫外線吸収剤が直接肌にふれるので、大人にもオススメできません。

あげると言われても使わないかも。。
あと、目に入ると刺激になるDPGも赤ちゃんに使うものに配合してほしくないですね。

メタケイ酸アルミン酸Mgは、ミネラル成分で、特に問題ありません。

最初の2文字で、使わない方がいいものなので、解説はここまで。


⭐︎ママはぐ⭐︎
こちらもママはぐの解説と同じで、大人にもキツイ主成分で、目に入ると刺激になる、DPGという保湿成分が高配合で、紫外線吸収剤が2種類で、タルクも入っていて、オススメできませんっ。

⭐︎惜しい!コパトーン⭐︎



こちらは、紫外線散乱剤使用で、色材が直接肌にふれないので、オススメしようと思いましたが、

タルクの配合が、多いので、やめてた方がいいと思います。

タルクは赤ちゃんには、アスベストと同じ化学式ので物質で、大人も、シワや乾燥が目立つ、嫌な成分です。
お化粧直し程度で、鼻だけ使用なら毛穴が一時的に隠れるからいいですが、顔全体は、私なら買わないと思いますっ。

あと、酸化亜鉛も悪くないですが、かなり乾燥肌には高配合なものは乾燥が目立ちますっ。


水、シクロペンタシロキサン、酸化亜鉛、タルク、BG、パルミチン酸エチルヘキシル、トリエチルヘキサノイン、酸化チタン、ポリメチルシルセスキオキサン、PEG-3ジメチコン、水酸化Al、ステアリン酸、ハイドロゲンジメチコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、セスキオレイン酸ソルビタン、フェノキシエタノール、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイル乳酸Na、ヒアルロン酸Na、セラミド3
⭐︎まとめ⭐︎
何度もブログで書いてますが、はじめて見てくださる方もいらっしゃるかもしれませんので、、
使わない日焼け止めの判断は簡単!水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルで始まってたら、買わない!
メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは、安く作れて市場に出回っている原料だと よく聞きます。
メトキシケイヒ酸〜がダメじゃなく、
直接肌にふれるように作っているのが、問題ありなんですよね。。




[広告] 楽天市場


  • 【最大P26倍+400pt開催中】【DHC直販化粧品】<全6色/PE02スイートピーチ>毛穴や色ムラ等をカバーし、透明感アップ!スーパーヒアルロン酸、オリーブバージンオイル、セラミド、ホホバ種子油配合 DHCフェースカラーパレットEX(チークカラー/PE02スイートピーチ)

  • キュレル ジェルメイク落とし 130g ×2 【まとめ買い】 花王 乾燥肌 敏感肌 セラミド 保湿 低刺激 クレンジング ジェル 洗顔ジェル メーク落とし メイク落とし 化粧落とし

  • 【クーポン獲得】【ポイント10倍】【3000円以上送料無料】白漢しろ彩と白漢しろ彩セラミドリッチクリームのセット

  • 【エーザイ】チョコラBB リッチセラミド 50ml×10本<ラ・フランス味>

  • ララルーチュ 専用 美容ジェル60g 単品 ★ メーカー直販 キャネットあす楽 即納 セラミド コラーゲン ヒアルロン酸 エラスチン配合 [ 安心のメーカー直営販売サイト キャネットオンラインショップ ] マッサージ 顔 ヒアルロン酸

  • アクア セラミドゲル 80g





ラベル:セラミド
posted by kazu at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。